英語の音声に馴染むまで音読を続ける

2020年10月1日

音が大事だー
と声を大にして言っても、なかなかその真意までは届かない。わかっちゃいるけれど、CD聞く前に宿題やらなくちゃ、○○やらなくちゃ、となぜか自宅での音声学習は後回しになりがち。
小学生から大人の生徒さんまでを指導する中でどの生徒さんにも必ず、「CD聞いてね」「読み練習してね。」とまるで口うるさいオカンのように声をかけております。が、なかなか、「英語は、音の練習が一番!これをやらずに先に進めるものか!」とまで思っている人は少ない…。
小学生の生徒さんならば、英語学習を始めたばかりで、“音”しか頼るものがないので、必然的に音の学習が一番に来るからよいのだが、中学生以降になるとどうしても知識的な学習に重点が行きがち。
どういう言葉で伝えれば、音声学習を一番にしてくれるのだろうかと考えていたら…はっ(・o・)、ひらめいた!
英語の音に馴染もう~! 
「馴染む」…③しっくりする。調和する。とけあう。(広辞苑より)
馴染む、そう!英語の音声に馴染んでほしい!
皆さんが英語に対して一番違和感を感じていることは何ですか?それは、音声ではないですか?英文を発話したときの違和感。これこそ、英語に馴染んでいない証拠。
新品のグローブが手に馴染まないように、英語学習にうまく乗れない皆さんも、英語の音に馴染んでいないのです。
音声学習を優先させ馴染んでくると、英文を読んだとき、快感がそよ風のようにス~ッと吹き抜けます。馴染んでこそ、次の学習段階へと楽しく、ワクワクして進んでいけます。
英語の音に馴染むところまで、しっかり音声学習に力を入れてください。