英語、何を勉強したらいい?

2020年9月9日

今年高2になる息子に、仲の良い友人が聞いてきた。
「英語、なにを勉強したらええ?」
市内公立高校に通うその友人、理数の成績は抜群だが、英語がとことんダメらしい。大学受験まであと2年。彼は関西の最上位私立受験を考えているが、英語はどうにも外せない。ゆえに、息子へ相談したわけだ。
なんと答えたのかと息子にたずねてみた。いや、その前に、「お前は何で力がついたと思ってる?」とたずねてみた。
「そやねん、…うまく説明でけへんねん。」
で、彼なりに友人に出したアドバイスはというと、
●CDを使うこと(=聞くこと、言うこと)はmust
●文型
●品詞を意識する
なかなかいいところをアドバイスしていると思う。が、言われた友人の方はこれだけでは学習をすすめられないだろうな、と気の毒に思ったりもした。
子どもにもう一つ質問してみた。
「問題集で力がついたと思う?」
「いや、それはないわ。」と、きっぱり。
日々の音の積み重ねと、小学生の時と、中1で少しだけやった「前から英語の語順に沿って訳すこと。」を通して英文のしくみの部分を習うでもなく身に着けたことが土台になっていることは間違いない。この力がどうやってついたのかは、なかなか人には説明しにくいかもしれない。
今回の友人の質問を受け、高校生クラス(1、2年生のみ)を開講しなければなぁ、と思うところでありました。高1、高2の間になんとか基礎力をつけて少しでも楽に大学受験での長文読解に挑んでほしいとこころから思うのです。
土曜日でしたら高校生クラス開講できます。ご相談ください。