中学生夏期講習、無事終了

2020年9月9日

本日最後の授業を受けました。
素直で頭のよい生徒さんでした。
CDをしっかり聞くことを徹底してくれたおかげで、
授業時間を音読作業で無駄に削ることなく、
「語順訳」に集中することができました。
英語を日本語に返す練習も、
問題集を解く練習も、
いずれも、「よくがんばった!」という”やった感”が出る作業。
しかし、これらの作業が”正しく英語を言える(読める)こと”を
置き去りに行われては意味がありません。
出来たような気になっても、先々できるようにはなりません。
出来るようになっても、とっても効率が悪いです。
すらすら英文を読めるということは、
そのスピードで英文を理解できるということです。
彼女はきちんと家でCDを聞き、読みの練習もしてくれていたので、
夏期講習が進むにつれて、語順訳のスピードも上がってきました。
今日の様子を見て、
新学期からの英語の成績アップが期待できる、と感じました。
が、しっかりと確認しなくてはいけませんので、
ラインを交換し、近況を随時報告してもらうこととしました。
また、随時報告させていただきます。